ショット
親指人差し指
プリショットルーティンの脱力
プリショットルーティンは体の後ろ側で
右足の内側から着地
(内側から着地できる位のステップ幅と重心移動を心がける)
テイクバックの手の位置は低く
若干のクロスステップで
投げた後は前へ

パット
近い距離は体をゴールに正対
ゴールから離れるにつれ、左足の位置をストラドル側からアップライト側に変えていく
基本は下から上への体重移動とリフト